「文武両道」の定義

「文武両道」に関して、私なりの定義をさせて頂きます。
「文武両道」と言っても様々ですので、そんなに高いレベルでのなくても良いと考えております。
なので「自分には、文武両道なんて無理」と思わずに、お気軽に「初回オンライン・コンサルティング」に御申込下さいませ。
きっと、貴方だけの<オリジナル>の「文武両道」が見つかることでしょう!!


①公立小学校・中学校の5段階評価で4が、<得意>の目安と考えています。
②体育が4で、主要5科目(国語、社会、数学、理科、英語)で3でも、「文武両道」と考えています。
 主要5科目(国語、社会、数学、理科、英語)が3で、体育が4でも「文武両道」と考えています。
③「文武両道」の「文」:偏差値60以上、MАRCH以上を<得意>の目安と考えています。
④「文武両道」の「武」:
武道(柔道・空手・剣道・合気道・少林寺拳法・弓道・なきなた・居合道など)の黒帯・初段を<得意>の目安と考えています。
インターハイ・甲子園(野球)・花園(ラグビー)・国立競技場(サッカー)出場者、<超得意>と考えています。
各スポーツのプロテスト合格者に関しては、<超得意>と考えています。
・その他、ゴルフのシングルプレイヤー、ダーツのAフライト、マラソンのサブスリーなども<超得意>と考えて
 います。

メインページに戻る
inserted by FC2 system